EMってなに?

EM(Effective Microorganisms)
地球環境

EMとは、Effective Microorganismsの略語です。 有用な微生物群という意味です。国立琉球大学農学部比嘉照夫教授によって開発されました。

EMは特殊な微生物ではなく、自然界に生息分布している微生物の中から、自然界を浄化する働きや物質を生合成を行う働きを持つ有用な微生物(人類が食品の保存や醗酵に古くから活用してきた乳酸菌、酵母菌、光合成細菌を中心とした有用微生物)を、人間の手によって培養させた複合微生物集団を培養液としたものです。

いずれもごく普通の自然環境中に生息するものであり、環境中に放出されても特異な生態系を形成することはなく、自然が本来有する浄化力を高め、安全で高い抗酸化力を有する等の特徴があります。

EMにはこんな力があります

土が生き生きし、 農薬や化学肥料を使わなくても 作物が豊かに実るようになる。

抗酸化力が強いので、 ものが腐ったり 病気になったり するのを防ぐ。

汚染物質を 分解する力があるので、 環境問題の解決に役立つ。

有用微生物群(EM)による循環型環境対策及び環境浄化技術は、生ゴミ等の有機廃棄物リサイクル、河川・湖沼・海洋汚染の浄化、各種汚水処理、中水利用システムをはじめとして、農業・漁業・環境・医療と国内外の様々な分野に於いて活用されています。
EM技術は安全で環境への悪影響が全くなく、低コストであることから生態系をより自然に多様化し、安定化することを促すことが可能です。
現在、EM技術は公共下水道・農業漁業集落排水処理施設・し尿処理施設・合併浄化槽などにも導入されてEM浄化法として知られております。

EMは色んな形があるんです

EMといっても、様々な形があって利用度も幅広くてよくわからないですよね。

例えば、一般に有名なEM発酵液と当社で培養しているEM活性液はどこが違うのでしょうか。実はどちらも同じEM・1という原液から培養させます。何が違うかというと(菌を増やす)エサが違うんです。

  • 米のとぎ汁 ⇒ 米のとぎ汁EM発酵液
  • 糖蜜 ⇒ EM活性液

2つの液の用途はほとんど同じと考えてよいでしょう。米のとぎ汁は栄養価が高いため、EMの良いエサになります。それだけ菌もたくさん増えるというわけです。糖蜜で作る場合、一度にたくさん培養できるという利点から主に水の浄化に使われているのです。

そして、上記の2種類の液から更に加工していくとEMボカシ、EM団子などが作れます。

もっと詳しく知りたい方はWEBエコ・ピュアをご紹介します。EMを開発したEM研究所が運営しているサイトです。EMに関する様々な情報を紹介してくれています。

WEBエコ・ピュア 用語集 http://www.ecopure.info/glossary/index.html

WEBエコ・ピュア トップページ http://www.ecopure.info/