エネファーム = 家庭用燃料電池

燃料電池とは?

燃料電池とは水素と酸素を利用した次世代の「発電システム」です。都市ガスやLPガスなどから取り出した水素と空気中の酸素を利用して、水の電気分解の逆の化学反応により直接電気へ変換し、発電するシステムです。

燃料電池には電解質によっていくつかの種類があります。原理は共通ですが、種類によって運転温度が大きく異なり、それにともなって発電規模や利用分野も異なったものとなっています。

家庭用燃料電池

家庭用燃料電池は、LPガス、石油、都市ガス等の燃料から「水素ガス」を作り、空気中の酸素と化学反応させて発電します。発電した電気は小容量である為、不足分は系統連係した電力会社の電気を利用します。同時に発電時に発生する熱を利用して、温水を取り出し、お風呂や給湯に利用することができる次世代の発電装置なのです。今、さまざまなメーカーは燃料電池*1コージェネレーションシステムとして新しい生活様式を考えられています。

*1 コージェネレーションシステム
熱と電気を同時に供給することができる熱電供給システムのこと

エネファームのしくみ

平成21年度、世界に先駆け日本発の環境にやさしい燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」が本格発売スタートしました。

「エネファーム」とは家庭用燃料電池の総称であり、「エネルギー」「ファーム=農場」の2つの言葉を合わせた造語です。

エネファームのしくみ

  • 燃料処理装置
    都市ガスから水素を取り出します。
  • 燃料電池スタック
    都市ガスから取り出された水素と空気中の酸素とを化学反応させ、電気を発生させるエネファームの心臓部。
  • インバータ
    発電された直流電気を、家庭用の交流に変換します。
  • 熱回収装置
    発電時に発生した熱を回収し、約60℃のお湯をつくります。
  • バックアップ熱源機
    タンクにお湯がたまっていないときの給湯や、風呂の追焚・暖房に使用します。
  • 貯湯タンク
    熱回収装置でつくったお湯をためておき、風呂のお湯張りや給湯などに使います。
補助金制度のご案内

「燃料電池システム導入支援」のための国の補助金制度が平成21年度よりスタートしました。
一般社団法人燃料電池普及促進会(FCA:Fuel Cell Association)では、国(経済産業省)からの補助金により、燃料電池システムの設置を行う方に対して、購入費用等の一部を補助する事業を実施しています。

■募集期間
募集期間 平成27年2月10日(月)~平成28年2月17日(金)17時(補助金申込・交付申請書のFCA必着)

■設置工事完了ならびに補助事業完了期限期日
平成28年3月11日(金)

■補助事業完了報告書提出期限
平成28年3月11日(金)17時(FCA必着)

■申請の応募要件
補助金の応募には以下の要件をすべて満たすことが必要です。

  • 申請者は燃料電池システムを購入し、実際に使用する方またはリース等により提供を行う方であること。
  • 設置予定の燃料電池システムが「FCAが指定した燃料電池システム(補助対象システム)」であること。
  • 補助事業完了報告書および添付書類の提出は、機器費等の支払いを済ませた上、補助事業完了報告書締切日までに行うこと。
  • 「補助対象システム」を6年間以上継続して使用できること
  • 他の国庫補助金と重複して補助を受けない(受けていない)こと
  • 住所が確認できる書類を含め、所定の書類を提出すること。
  • FCAへ補助対象システムの設置等に関する情報提供に同意できること。
  • 個人(個人事業主を除く)が申請する場合、排出削減事業への参加を表明できること。

■1台当たりの補助金額
補助対象システムに係る機器費購入費用と従来機器に機器購入費用との差額の1/2及び設置工事費の1/2とし、上限金額105万円です。詳しくは下記の燃料電池普及促進協会ホームページに載っています。

「過去の申請様式等はご使用できません。
平成26年度の申請様式等をご利用ください。」

平成26年度の申請様式ダウンロードサイト申請書・提出書類

■燃料電池普及促進協会
燃料電池普及促進協会トップページ http://fca-enefarm.org/index.html
燃料電池補助金制度案内http://www.fca-enefarm.org/subsidy/subsidy.html