太陽光発電

今何かと話題の多い地球環境問題・・・環境に貢献できて、家庭にもメリットのある太陽光発電設備。
様々な条件を考慮して、最適なシステムを提案します。


設備の仕組み

屋根の上に太陽電池モジュールを載せ、発電した直流電力を、
パワーコンデショナー(直流→交流に変換する装置)
で交流に変換



室内分電盤で、電力を住宅内の電気製品に分配します。





発電している昼間使って余った電気を電力会社に売ります。 発電ない日は電力会社から買います。



太陽光発電のここが良い
  1. CO2 削減効果(副産物が排出されない)火力発電に依存率の高い日本でCO2の発生を減らせる
    地球環境に貢献しながら、将来に投資する設備

  2. 発電した電気を自分で使える
    • オール電化機器、電力会社との契約プランの組み合わせで、光熱費を大幅に削減可能
    • 発電した電気を売る事が出来る
    • 商用電源が停電した時(災害時など)に自立運転で電気が使える

  3. 価格が高騰しても安心。買電単価が上がると、売電単価も上がる

  4. 家族の節約意識が向上する
    自分の家で作っている電気だから、電気について興味深くなるのは当然です。
    表示器の表示を見ては、
    うーん、今月は*****円くらい発電したかなぁ...
    と見当をつけ、せっかくの収入を大切に使おうという意識が芽生えるのです。
    不要な灯りを消して、エアコンも弱にして...
    そうです。現代生活はともすれば、無駄だらけです。ちょっと意識すれば、いままでよりもたくさん節約できるんですよね。
    どうぞ、太陽光発電システムを設置された方を訪ねてみて下さい。
    その多くの方は今までよりも電力消費量が減っている筈です。

  5. 夏期 屋根からの焼け込みが緩和される

  6. 機器寿命が長い。安全である。メンテナンス不要
    1966年長崎県尾上島灯台に設置の太陽光発電システム(シャープ製)が現在も順調に稼動中です。累計150基の人工衛星にも搭載されていて、稼動中です。

  7. ピーク電力の軽減

  8. 化石燃料は有限、太陽光は無限の資源である(原料コストがない)
太陽光発電のここが心配
  1. 変換効率が低い(大電力を必要とする場合は大きな面積が必要)

  2. 立地条件、天気などに発電量が左右される

  3. 出力が直流である

  4. 設置費用が高い(1kwあたり 65-75万円位)

  5. 償却年数が長い(15年-25年)

太陽光発電システムを設置する理由、きっかけ
  • 地球環境改善(あとに残る子供のために)
  • 光熱費削減
  • 今のうちに設備投資して、老後に光熱費のかからない生活を
  • 自分で使う電気を自分で作り出せること
  • 売電の楽しみがあること
  • 金では得られない、身近に太陽を感じるれる事、自然の大切さ
    次世代を担う子供たちの為にも、綺麗な青空を残す事に貢献したい。
  • 手がかからないこと
  • 保険の満期があったこと
設置者の声

総費用から補助金を差し引くと約230万の出費となりました。年間売電金額約7万では元を取るには33年掛かってしまいます。

しかし例えば、230万の定期預金(固定資産預金とでもいいますか?!)と考えれば年7万円の利息となり、この低金利時代の昨今、約3%以上の高利回りとなります。

また、環境問題に対する取り組みをしている思えば決して高くない買い物だと思えるのですが・・・・

ただ、お金をかけて物を買ったのではなく、利益を生み出す上に、地球的規模の環境問題に微力ながら貢献していることを考えあわせれば・・・・

無理な考え方でしょうか^^;



詳しくはメーカーサイトへ http://www.sharp.co.jp/sunvista/