TVカメラ調査の新技術

レーザ方式による不陸蛇行測定

レーザロボット

下流人孔から下水道管渠内にレーザ光を照射、上流人孔からTVカメラを走行させ撮影をします。
設計時の傾斜で照射した光とのずれを、カメラの前に取付けた目盛付受光板の映像をコンピューターで数値化。不陸を3次元に表示します。設計時とのずれを直接測定することで誤差を抑えました。ずれをミリ単位で測定できます。
使用しているソフトウェアはコンピューターソフト会社と提携して開発した弊社独自のものです。

測定方法

レーザ光を管路に照射して光の設計値をつくり出します。この光の設計値に対して管路がどれだけ変位しているかを測定して、測定点ごとに数値を記録していきます。
測定の機材は大別して3点で、管路内を自走する自走車とケーブルによりデータの送受信をする車載機器、レーザ照射機で成り立っています。自走車で映し出したレーザ光の映像を車載のコンピューターで画像解析処理をして管路の変位を計算させて数値として表します。

測定イメージ
測定結果

測定した数値データと形状イメージを作成します。測定の結果は、データ表にして提出することができます。

  • このシステムは管径(φ150-φ800)用で、0~200mmの変位に対応しています。
  • マンホールからマンホールの間をレーザ光が通る条件のみ測定が可能です。
  • その他、条件によっては測定が不可能な場合があります。

自動測定システム 3D、データ表示画面 自動測定システムイメージ
3D表示の管は、滞水位置の色が水色に変わります。
データ表示のリストは、規格外データの色が変わります。(ページ下部に報告書作成印刷イメージがあります。)

主要機器
  • TVカメラ車
    TVカメラ車
  • 受光板付TVカメラ
    受光板付TVカメラ
  • ガス検知器
    ガス検知器
  • 送風機
    送風機
  • パイプレーザ
    パイプレーザ
  • 不陸蛇行自動測定システム
    自動測定システム

作業工程
  1. 酸素濃度、危険ガス発生の確認
    酸素濃度、危険ガス発生の確認
  2. 高圧洗浄・強力吸引車などによる管内清掃及び清掃
    管内清掃及び清掃
  3. レーザ投入、レーザ設定
    レーザ設定
  4. 送風機により管内の換気
    酸素濃度、危険ガス発生の確認
  5. 必要に応じて水換え及び止水

  6. テレビモニタを見ながら管内状況の記録
    管内状況の記録
  7. 機材搬出及びあとかたづけ

  8. 報告書作成(下図をクリックしてダウンロード pdfファイル houkokusyo_image.pdf
    報告書作成